FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同僚の奥様 手首の調教

00yugy.jpg









途中 昼食を取る事になります。

引っ越しに関しての経費は、全て会社が負担する条件での参加です。

インターを降り この地方でも有名な和風料理店を予約してありました。

小奇麗な店で、靴を脱ぎ8畳ほどの和室に通され 

その際の奥様の仕草が、愛おしく感じられるのです。

お尻を押さえ 恥じらいながらハイヒールを整えるのです。

そのハイヒールを奪い取り 匂いを嗅ぎ しゃぶり付き

今 怒り狂う私の性器からザーメンを絞り抜きピンヒールを

汚したいと妄想してしまうのです。

座敷では トラックに乗った順番がそのまま この席でも同じになりました。

Y氏 奥様 私と並び各自 席に座りました。

Y氏から 簡単な挨拶があり 食事になります。

私は、緊張で胸がいっぱいになり なかなか喉を通りません

見て見ないふりで奥様の黒いパンスト脚を横目で見つめるのです。

そんな時です。 奥様は、出された料理の半分も食べずに箸を置いたのです。




001iluu.jpg





この身体 この美貌を保つ為 かなりの少食にも思えました。

二言 三言 夫婦の会話が耳に入り うなずくY氏

そして、Y氏に身体を向けた瞬間 私の方へ奥様の黒いパンスト脚が流れたのです。

昼食と休憩で、この和食料理店での滞在時間は1時間でした。

早飯で、直ぐに昼食を終わらせた若い社員もくつろぎ出します。

座卓で対面者から覗き込めない分 奥様の膝もゆるみ

真横に座る私は、再び目のやり場に困るのです。

Y氏に語りかけ 雑談をお楽しみになる脚の崩れ

パンストが擦れる サワサワとした美音が耳を支配するのです。

私は箸を置く瞬間 奥様の黒いパンスト脚を一瞬だけ見てしまいました。

脚を崩した 太腿と太腿の柔らかな肉質から来る 淡い黒の歪み

薄いナイロンが、太腿をより薄く晒 魅惑の暴挙を晒すのです。

サマーニットワンピの裾は、限りなく限界まで透かしショーツが見えてしまいそうでした。

こんなに付け根まで、太腿を晒し切れ返しもない

パーフェクトスルーの黒いパンストをお穿きになられていると確信するのです。

奥様の黒いパンストは・・・・オールクリアーシアー交編なのです。

あの美しい豊満な黒パンストをY氏は Y氏は・・・・・

妬みにまで思える逆上し発狂し自制しなければいけない複雑な心境の中

私には信じがたい情事が訪れたのです。

座椅子に座り 手を後ろに投げ出した 偽装でもくつろぐ姿勢

奥様の柔らかな黒いパンスト脚を横目で見る為の偽りの体勢なのです。

そんな不信感ただよう私の手首に、奥様のパンストつま先が当たったのです。

私は、手首を微動だにせず 奥様のパンストつま先の感触をむさぼるのです。

そして 真下に頭を下げ 横目で奥様の脚 お尻 パンストつま先を見つめてしまうのです。

奥様の豊満なお尻が黒いナイロン繊維の質感を高め

薄手のサマーニットワンピからも黒いパンストが微かに透ける。



1oygf.jpg






腰のくびれのパンストのラインまであからさまに見せ付け

張付いたサマーワンピのヒップラインにはショーツのラインも見せない

甘い生肉のヒダに食い込むTバックショーツなのでしょうか?

それとも、こんなミニで見えてしまいそうなサマーワンピでノーパンなのでしょうか?

私は、黒いクリアーなパーフェクトスルーのパンストのシームを妄想してしまうのです。

その瞬間でした。私の手首に 再び いいえ!もっと強く奥様パンストつま先が押し当てられたのです。

私は 手首で奥様のパンストつま先をむさぼるのです。

あぁ~~もっと強く奥様のパンストつま先を実感させて下さい

私は、不生位にも奥様の黒いパンストつま先を見つめてしまうのです。

赤いペデキュアが可愛らしくつま先スルーのパンストから覗かせ

小指に、まといつくようなたわみとゆがみが、繊維質の薄さを垣間見るのです。

この国宝のような美脚太腿から流れる先端のつま先をどうか触れさせて欲しい

願いが叶えば その赤く透ける足指の一本 一本をしゃぶられて頂きたい

優美なナイロンの足で、顔を踏みにじられてもかまいません どうか踏んで下さい

そう願わずにはいられないのです。

そして、次の瞬間 奥様は 足指 人差し指で手の甲をなぞったのです。

Y氏からは見えない死角で 私は、奥様に背を向けられ手の甲をからかわれている。

私は、どんな事があっても奥様の脚からは逃げる事はありえません

どんなに強く手の甲を踏まれたとしても逃げはしない

私の想いを 私の心理を あざ笑われ確信犯として服従させようとしている。

ショーツまで見えてしまいそうな脚のラインを晒し投降させる。

Y氏から見えない死角で、他の人物からも見えない死角で、私は、調教されているのです。

午後からの作業の為に仮眠を取る者もいました。

Y氏夫婦は、雑談や引っ越し後のライフラインの話も始め

この狭い空間に高揚しているのは私だけなのです。

割烹着を着た女性が 一人 食器を下げに現れました。

手前から 食器を下げ始め 私達が座る3人の席へ

Y氏夫婦を見やり 奥様の姿に、一瞬 眉を歪めながらも平常心を装っているようにも見えました。

そして、私の食器に手をやった瞬間 淫らに脚を崩す奥様のつま先が私の手の甲をくすぐっている情景を見やり 私に向かい滑稽な態度をあからさまに取ったのです。

その目は こんな女の脚に騙されて そんな態度と目でした。

1時を少し回り 次の引っ越し作業をY氏が口火を切りました。

一斉に、働きアリのように、動き出す社員達



4ilu.jpg





私は、手の甲の感触を思い出しながらもトイレに向かいました。

時間があれば 誰もいない所で 熱く盛り上がるチンポをしごきたい

休憩が終わる5分前でも トイレで射精をしたかった。

しかし その5分でも奥様の黒いつま先からは逃げられないのです。 

トイレで、艶めくチンポを出したその瞬間 透明な我慢汁が ドロっと雫を垂らしたのです。

あぁ~~奥様の脚を見ながら チンポをしごけたら・・・・

そんな思いをが 狂おしく襲った瞬間でした。

トイレの扉が開いた音を耳にしたのです。

振り返ると その人物は、Y氏でした。

私は、チンポをしまおうとしましたが、勃起してしまい慌ててしまうのです。

私の隣の小便器に立つ Y氏は黒のジャージズボンを下ろし

まるで、見せ付けるかのように 赤黒く大きなチンポを晒しました。

私は、こんなに太いチンポが、奥様のマンコを独占しているのかと思えるのです。

この太いチンポに感じている奥様の黒いパンスト姿を妄想してしまうのです。

そんな時でした。Y氏が 無情な言葉で 呟いたのです。

「どうした?今日は 何を言っても支離滅裂だぞ!」

その言葉も 私の心理を悟った Y氏の優越感に満ちた助言でしかありませんでした。





3uihi.jpg


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。