FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同僚の奥様 蘭様の無言の調教

4hilj.jpg







あんなに近くにあった奥様の艶めかしい黒いパンスト脚がトラックから降り

どんどん私から離れて行ってしまう

私は、悍ましい興奮のなか再び 引っ越し作業が始まったのです。

引っ越し先では 2名の若い女子社員が応援に来ていました。

台所や洗面所 女性の手が欲しい場所に 応援が入ります。

台所に並ぶ3人の女性の中でも 奥様は、比べようもない美しさなのです。

それも こんな引っ越しがある こんな日に、奥様の姿は魅惑的で

黒いパンストで サマーニットワンピの身体を晒す淫らな姿は、何故ですか?

太陽に正面に向かい光を浴びた奥様の姿は全裸にも見せるのは何故ですか?




5iuiyh.jpg






何度も屈んでは 恥じらいスカートの裾を直す仕草は何故ですか?

ピンヒールを揃える瞬間の奥様の恥じらう姿は何故ですか? 

サマーニットのワンピースの後ろ姿黒いブラジャーの後と黒いパンストの腰のライン

何故 そんなラインを微かにでも晒すのですか?

ニットが張付くお尻のラインにショーツを垣間見せないのは何故ですか?

太腿の付け根まで晒してしまいパーフェクトスルーのパンストを見せ付けるのは何故ですか?

パーフェクトスルーのパンストつま先から赤いペデキュアを垣間見せ脚を組み替えて見せるのは何故ですか?

柔らかな太腿からシアーのナイロン繊維の美音を聞かせるのは何故ですか?

和食店で、私の手の甲にパンストつま先を擦り付けたのは何故ですか?

揺れるトラックでご主人から太腿を触られ奥様は 私が隣に座っていたのに感じていらっしゃいました。

何故 そんな淫らな恥じらいもない情事を見せ付けるのですか?

奥様は、私の女神 M男の心理をくすぐる パンスト美脚露出狂なんですか?




7ilgu.jpg






私は、引っ越しの際中 全て奥様の事を考えていました。

奥様の名は 蘭様 私は 美羽と申します。

蘭奥様の新しい入居先は このマンションの2階の6LDK

2階のこの部屋 エレベーターからは遠く 大きな荷物以外は

皆さん 歩いて登られています。蘭奥様も三度 階段を登られました。

最初と二度目は、見えてしまいそうなショーツをバックで隠し 恥じらいに満ちたお姿でした。

そんなに、恥ずかしがるのに何故 蘭奥様は、そんなにタイトでミニなサマーニットで

そんなに恥ずかしいのに何故 黒の艶めかしいパンストをこの日に穿いたのですか?

階段を登るピンヒールも 足首が細く濃い黒の繊維質と太腿の透ける薄いナイロンの繊維質の対比の美しさ何故 この日にピンヒールを選ばれたのですか?

そして、三度目 蘭奥様が階段を登る時 無防備に白いTバックのショーツを晒して頂けました。

ノーパンパンストとも思えた蘭奥様のヒップラインでしたが

白いショーツの食い込んだお尻に 美羽は発狂してしまうのです。

蘭奥様 最後に白く透けるTバックショーツを見せて頂けたのは

美羽への ご褒美ですか?

蘭奥様 教えて下さい




4ugh.jpg


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

同僚の奥様 車内ハラスメント

0giui.jpg





昼食を取り終え 午後は高速道を降りた下道で、30分程の距離になります。

Y氏は、幹線道路の渋滞をさけ 裏道を走り出しました。

2トントラックでの2車線ギリギリでの悪路に、トラックは揺れ

奥様のパンストを穿いた黒く艶めかしい脚も左右に大きく揺れ出すのです。

そんな揺れに 小さく悲鳴を上げてしまう可愛らしい奥様がいました。

そして 次の瞬間でした。Y氏が、奥様の太腿に手を乗せたのです。




0iyuyu.jpg





揺れのひどいトラック Y氏が奥様の身体を支えようと思われたのでしょう

奥様も Y氏に身体をゆだねる様に寄り添うのです。

車が揺れる度に、奥様の豊満な艶めかしい黒いパンスト太腿に

Y氏の太い指が、撫で回すように見えてしまうのです。



0nilu.jpg




私は、見てはいけないと思ってもY氏の指の動きを追ってしまうのです。

そこには、明らかにY氏が奥様の黒いパンスト太腿の感触を堪能していると思えるのです。

奥様のオールスルーの黒いパンスト太腿が揺れる度にスカートの裾を上げてしまう

私は、真正面に顔を向けながらも 視線は110度以上の真横に釘付けなのです。

私にも奥様のその黒いパンスト脚を触らせて欲しい

奥様の柔らかな太腿の肉質とシアー交編のパンストの肌さわりを堪能したいのです。

そう熱望した瞬間 せせら笑うようにY氏の手首が奥様の内腿に吸い込まれて行ったのです。

私は Y夫婦から悟られないように、血眼で見つめているのです。

パンスト太腿の内側を触られて 奥様は・・・・




1hoig.jpg




私は 次の大きな揺れがともなう 道路の段差を求めているのです。

そして その段差を見つけました。橋げたから突起したマンホールが視野に入ったのです。

大きな揺れがともない 頭も揺らされてしまう状況で

奥様の黒く光沢に艶めく太腿を見やるのです。

その瞬間でした。奥様が 小さく アァァ と声を上げたのです。

私は、その瞬間を見落とさなかったのです。

Y氏の太い指が 奥様のパンスト太腿を鷲掴みにしている。

明らかに、Y氏は 奥様の脚を感じさせて撫で上げ揉みほぐしたのです。

あの声は、奥様が、内腿を触られ感じていると確信した瞬間でした。

その後 些細な振動 揺れでも 奥様は 微かに声を漏らしてしまうのです。

アァ   鼻を鳴らして甘えるように ウゥ~ン そんな喘ぎ声も

私は 間近にいながらも奥様の黒いパンスト脚を描写できないのです。

どこまでも捲り上がってしまった 奥様のスカートの裾も

Y氏に揉みほぐされ感じている 奥様の美脚パンスト脚も

感じてしまい 小さな喘ぎ声を出している奥様の顔も見る事はできないのです。

もしかしたら奥様の一番敏感な部分に指先が・・・・・




3bnuuj.jpg





そして 夜な夜な この黒いパンスト豊満美脚を あの大きなY氏のチンポで・・・

私は、想像しただけでも 冷静ではいられなくなるのです。

このトラックでの狭い空間でのパンスト美脚の見せ付けハラスメントに

私の理性が崩れて行く そして脳裏の中で呟くのです。

Y氏に、お願いですから 私のチンポをこの場で出し しごかせて下さいと願望するのです。

奥様の黒い光沢のシアーに艶めかしく輝く美しい脚を見ながら オナニーさせて下さい

もっと もっと奥様の太腿の匂いを嗅げるくらい近くで見させて下さい 熱望するのです。

射精までは、望みません チンポをしごかせて下さい どうかお許し下さい

私の脳裏の中の呟きが 現実に口から出てしまいそうな瞬間でした。

そうです。引っ越し先のマンションに到着してしまったのです。





8hiig.jpg

同僚の奥様 手首の調教

00yugy.jpg









途中 昼食を取る事になります。

引っ越しに関しての経費は、全て会社が負担する条件での参加です。

インターを降り この地方でも有名な和風料理店を予約してありました。

小奇麗な店で、靴を脱ぎ8畳ほどの和室に通され 

その際の奥様の仕草が、愛おしく感じられるのです。

お尻を押さえ 恥じらいながらハイヒールを整えるのです。

そのハイヒールを奪い取り 匂いを嗅ぎ しゃぶり付き

今 怒り狂う私の性器からザーメンを絞り抜きピンヒールを

汚したいと妄想してしまうのです。

座敷では トラックに乗った順番がそのまま この席でも同じになりました。

Y氏 奥様 私と並び各自 席に座りました。

Y氏から 簡単な挨拶があり 食事になります。

私は、緊張で胸がいっぱいになり なかなか喉を通りません

見て見ないふりで奥様の黒いパンスト脚を横目で見つめるのです。

そんな時です。 奥様は、出された料理の半分も食べずに箸を置いたのです。




001iluu.jpg





この身体 この美貌を保つ為 かなりの少食にも思えました。

二言 三言 夫婦の会話が耳に入り うなずくY氏

そして、Y氏に身体を向けた瞬間 私の方へ奥様の黒いパンスト脚が流れたのです。

昼食と休憩で、この和食料理店での滞在時間は1時間でした。

早飯で、直ぐに昼食を終わらせた若い社員もくつろぎ出します。

座卓で対面者から覗き込めない分 奥様の膝もゆるみ

真横に座る私は、再び目のやり場に困るのです。

Y氏に語りかけ 雑談をお楽しみになる脚の崩れ

パンストが擦れる サワサワとした美音が耳を支配するのです。

私は箸を置く瞬間 奥様の黒いパンスト脚を一瞬だけ見てしまいました。

脚を崩した 太腿と太腿の柔らかな肉質から来る 淡い黒の歪み

薄いナイロンが、太腿をより薄く晒 魅惑の暴挙を晒すのです。

サマーニットワンピの裾は、限りなく限界まで透かしショーツが見えてしまいそうでした。

こんなに付け根まで、太腿を晒し切れ返しもない

パーフェクトスルーの黒いパンストをお穿きになられていると確信するのです。

奥様の黒いパンストは・・・・オールクリアーシアー交編なのです。

あの美しい豊満な黒パンストをY氏は Y氏は・・・・・

妬みにまで思える逆上し発狂し自制しなければいけない複雑な心境の中

私には信じがたい情事が訪れたのです。

座椅子に座り 手を後ろに投げ出した 偽装でもくつろぐ姿勢

奥様の柔らかな黒いパンスト脚を横目で見る為の偽りの体勢なのです。

そんな不信感ただよう私の手首に、奥様のパンストつま先が当たったのです。

私は、手首を微動だにせず 奥様のパンストつま先の感触をむさぼるのです。

そして 真下に頭を下げ 横目で奥様の脚 お尻 パンストつま先を見つめてしまうのです。

奥様の豊満なお尻が黒いナイロン繊維の質感を高め

薄手のサマーニットワンピからも黒いパンストが微かに透ける。



1oygf.jpg






腰のくびれのパンストのラインまであからさまに見せ付け

張付いたサマーワンピのヒップラインにはショーツのラインも見せない

甘い生肉のヒダに食い込むTバックショーツなのでしょうか?

それとも、こんなミニで見えてしまいそうなサマーワンピでノーパンなのでしょうか?

私は、黒いクリアーなパーフェクトスルーのパンストのシームを妄想してしまうのです。

その瞬間でした。私の手首に 再び いいえ!もっと強く奥様パンストつま先が押し当てられたのです。

私は 手首で奥様のパンストつま先をむさぼるのです。

あぁ~~もっと強く奥様のパンストつま先を実感させて下さい

私は、不生位にも奥様の黒いパンストつま先を見つめてしまうのです。

赤いペデキュアが可愛らしくつま先スルーのパンストから覗かせ

小指に、まといつくようなたわみとゆがみが、繊維質の薄さを垣間見るのです。

この国宝のような美脚太腿から流れる先端のつま先をどうか触れさせて欲しい

願いが叶えば その赤く透ける足指の一本 一本をしゃぶられて頂きたい

優美なナイロンの足で、顔を踏みにじられてもかまいません どうか踏んで下さい

そう願わずにはいられないのです。

そして、次の瞬間 奥様は 足指 人差し指で手の甲をなぞったのです。

Y氏からは見えない死角で 私は、奥様に背を向けられ手の甲をからかわれている。

私は、どんな事があっても奥様の脚からは逃げる事はありえません

どんなに強く手の甲を踏まれたとしても逃げはしない

私の想いを 私の心理を あざ笑われ確信犯として服従させようとしている。

ショーツまで見えてしまいそうな脚のラインを晒し投降させる。

Y氏から見えない死角で、他の人物からも見えない死角で、私は、調教されているのです。

午後からの作業の為に仮眠を取る者もいました。

Y氏夫婦は、雑談や引っ越し後のライフラインの話も始め

この狭い空間に高揚しているのは私だけなのです。

割烹着を着た女性が 一人 食器を下げに現れました。

手前から 食器を下げ始め 私達が座る3人の席へ

Y氏夫婦を見やり 奥様の姿に、一瞬 眉を歪めながらも平常心を装っているようにも見えました。

そして、私の食器に手をやった瞬間 淫らに脚を崩す奥様のつま先が私の手の甲をくすぐっている情景を見やり 私に向かい滑稽な態度をあからさまに取ったのです。

その目は こんな女の脚に騙されて そんな態度と目でした。

1時を少し回り 次の引っ越し作業をY氏が口火を切りました。

一斉に、働きアリのように、動き出す社員達



4ilu.jpg





私は、手の甲の感触を思い出しながらもトイレに向かいました。

時間があれば 誰もいない所で 熱く盛り上がるチンポをしごきたい

休憩が終わる5分前でも トイレで射精をしたかった。

しかし その5分でも奥様の黒いつま先からは逃げられないのです。 

トイレで、艶めくチンポを出したその瞬間 透明な我慢汁が ドロっと雫を垂らしたのです。

あぁ~~奥様の脚を見ながら チンポをしごけたら・・・・

そんな思いをが 狂おしく襲った瞬間でした。

トイレの扉が開いた音を耳にしたのです。

振り返ると その人物は、Y氏でした。

私は、チンポをしまおうとしましたが、勃起してしまい慌ててしまうのです。

私の隣の小便器に立つ Y氏は黒のジャージズボンを下ろし

まるで、見せ付けるかのように 赤黒く大きなチンポを晒しました。

私は、こんなに太いチンポが、奥様のマンコを独占しているのかと思えるのです。

この太いチンポに感じている奥様の黒いパンスト姿を妄想してしまうのです。

そんな時でした。Y氏が 無情な言葉で 呟いたのです。

「どうした?今日は 何を言っても支離滅裂だぞ!」

その言葉も 私の心理を悟った Y氏の優越感に満ちた助言でしかありませんでした。





3uihi.jpg


同僚の奥様 

00gkfgi.jpg






私は、内装関係の仕事をしています。

壁紙クロスや畳 襖から カーテン ソファー カーペットと

オーダー家具やシステムキッチン トータルインテリアを扱う仕事です。

年は、30代後半の 既婚で、子供も二人います。

関東近県に支店がある会社で、今年の6月から同じ歳の社員が転勤して来ました。

転勤して来ると言っても 彼は時期支店長候補としての転勤 Y氏です。

私が、中途採用入社で、Y氏 彼の方が3年先輩にはなりますが、同じ歳と言う事で

気さくに、私と付き合ってくれていました。

支店が違っても同じ歳のY氏 同じ歳の同僚はY氏だけで情報交換や相談も

Y氏からの助言もあり 業績を上げて頂けたと思います。

そんなY氏と、同じ支店で働く事になり心強く思っていました。

Y氏は、転勤の為 同じ街に引っ越しをする事になりました。

インテリア関係の仕事をしていて転勤での引っ越しに関しては会社が行う事になります。

5名会社から引っ越しの人員として募集される事になりますが

時期支店長候補のY氏の引っ越し 誰もが手を上げます。

私も、お世話になっているY氏の引っ越し作業を進んで申し出ました。

家族4名で、2トントラック2台あれば、なんの問題なく完了する一般的な引っ越しでした。

そして、Y氏の引っ越し当日の事でした。



00liik.jpg





4階のマンションY氏の玄関ドアチャイムを鳴らし出て来たのはY氏の奥様でした。

髪は、胸元まで伸びたストレートで小顔の 目の大きな可愛らしい女性でした。

Y氏から中学2年の息子がいると聞いていましたが、

そんなに大きな子供がいるとは思えないほど若々しく感じました。

奥様は、ファッション雑誌の表紙に出て来そうなキュートな女性でしかないのです。

そして、奥様は、引っ越しの当日とは思えない服装だったのです。

グレィを貴重にしたタイトなサマーニットワンピはボディラインを晒すようでした。

そして、薄い黒のパンストを穿かれていたのです。

私は、引っ越しの当日に、この容姿なのかと半信半疑にも思えましたが

こんなに薄い伝染しそうな パンストは 何デニールなのだろう

非常識とも思える タイトなワンピースと薄い黒のパンスト

しかし 私が、最も好むフェチズムでもありました。

直ぐにY氏が、玄関に現れ 奥様を紹介されました。

Y氏は、黒い上下ジャージの姿で、銀縁のメガネと髪をバックに上げた

目つきの鋭いキツネ目は何時もと変わりはしません

どんな作業でも髪型だけは 時期支店長候補を誇示するかのようでした。

そんなY氏が奥様を紹介する態度も 奥様に依存し優越感に満ちていたのです。

そんなY氏と各自 挨拶を終わらせ引っ越し作業にかかりました。

しかし 私は、気もそぞろで、奥様の姿を探してしまうのです。

ベランダの窓際に立つ奥様は、逆光から身体を晒し全裸にも見えるのです。

薄いサマーニットワンピから透け脚の付け根まで露わにし

艶めかしいその身体の柔らかな部分に触れてみたいと欲情させるのです。

それは計画犯でしかない男を知り尽くした魅惑のボディラインで男を誘発する。

30代半ばの女性がボディラインを晒すようなファッションの意味を知らしめる。

屈んでは、立ち上がる事が多い引っ越し作業で、その度に何度も何度も

スカートの裾を直す艶めかしい仕草

指先で、軽くヒップラインの裾を恥じらい直すのです。

太腿の弾力のある肉質を魅惑的に誘い出す 黒いパンスト

この魅力に、私だけではなく誰もが虜になっていたのです。

5名募集された人員から 奥様は、何もしないで見ていて下さいと

その言葉は、Y氏が次期支店長候補で屈しなければいけない条件下ではなく

奥様の美しいボディラインには、きつい労働は皆無でしかないのです。

そんな声が出て、奥様は、椅子に座り作業を見守っていました。

目のやり場に困る脚に、見たいと思う気持ちと、失礼になる困惑な思い

私は、こんな美脚で、魅惑的な女性と暮らすY氏を羨みました。

奥様の身体 あの美しい黒いパンスト脚に触れられるのはY氏だけだと


001fuuy.jpg





仕事柄 5名の人員は、引っ越し作業は慣れています。

2時間かからずに、2台のトラックに、家財道具を乗せ終わりました。

引っ越し先への案内もあり Y氏が1台のトラックを運転し奥様も同乗しました。

狭い2トントラックでも3名の乗車が出来ます。

誰もが奥様の黒いパンスト脚の隣に座りたい そう念願したと思います。

そんな時でした。Y氏が 奥様の隣に乗れと指先で、私に意志を示したのです。

電車の座席よりも狭い空間で、隣に黒いパンスト美脚の奥様が

私に笑みを浮かべ指先で誘い込むように感じられました。

2トントラックに相応しくない黒いピンヒールがより奥様の膝を吊り上げ

黒いパンスト脚を淫らに晒しているのです。

私の興奮は、異常だったと思います。その興奮は痙攣するほどでした。

心臓が口から出て来そうなほど 心臓が破裂してしまいそうな緊張感でした。

眉間からは冷や汗が流れ 手汗も異常な程でしかありませんでした。

目のやり場にも困り 手の置き場にも困る そんな情景

私の悍ましい緊張が、奥様の肩に伝わってしまう程の狭い空間で

ゆっくりと、トラックは走り出しました。

車内では、Y氏から この引っ越しを進んで出てくれた事を感謝され

奥様からも 労いの言葉を頂けましたが、私は気が気ではありませんでした。

それなりに改まって挨拶を終え 無言の差し迫った思い

圏央道を通り2時間はかかる距離でした。

足回りの硬い乗り心地の悪いトラックの真ん中の席で、揺れる度に奥様の黒いパンスト脚が

内腿を擦れサワサワとした美音が エンジンの騒音の中でも探し出してしまうのです。

光沢系のシアーなストッキング繊維の擦り合う美音

この美音は 如何なるナイロン繊維の中でも私が望む最も優雅な美音なのです。

私は、車外を見つめるような姿勢で 奥様の膝から下を見つめているのです。

もっと激しい揺れが奥様を襲わないか 私は祈っているのです。

そんな時に、奥様がY氏に、たわいもない話を始めたのです。

今日の 引っ越しで子供達を両親に預けて来た心配事から

引っ越し先での街の環境 買い物の利便性 等々でした。

奥様は、私にも尋ねられました。中学校の環境 進学高校先から

買い物に便利なショッピングモールの事

しかし 私は気もうつろでしかありませんでした。

私の返答に、Y氏も苦笑するほどでしかない Y氏に見透かされていると実感するのです。




04uilgui.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。